浴室窓と洗面所窓の悩み。型ガラスは人影が透けて見える問題

内装・設備関係のこと

こんにちは、がねです。2019年末に規格住宅の小さな平屋を建てました。

現在、住み始めて10ヶ月経つのですがちょっとした悩みがあります。

それは、浴室と洗面所の窓についてです。

どちらも型ガラスの横すべり出し窓で、カーテンは取り付けていないのですが・・

ずばり、夜間に部屋の電気を付けると人影が透けて見える件

浴室窓と洗面所窓の悩み。型ガラスは人影が透けて見える問題

以前、カーテン費用に関する記事で、我が家は3カ所の窓にしかカーテンを付けていないと書きました。

この3カ所にしか取り付けていない理由としては

  • カーテン費用節約のため
  • 型ガラスにしているため
  • 人影ぐらい気にならないし、田舎だからべつに誰も見ていないだろうと思った

要するに、「まぁべつに人影が見えたところでどうってことないか~」と深く考えていなかったためです。

でもやっぱり気になってしまう

型ガラスなので、人影がうっすらと見える程度

・・いや、私の性格上確実に気になってしまうやん。(笑)実際に住み始めてみると気になって仕方ないです。

しかも、窓の近くに立つ時は人影が濃くハッキリと見えてしまうので落ち着かないです。照明の当たり方によっては、洋服の色や家具の影も分かる感じです。

浴室と洗面所は特に気になる

特に浴室と洗面所は対策を考えないといけないなと思っています。

浴室と洗面所は広さの関係上、人が立った時に窓との距離が近くなってしまうんですよね。なので外から見た時にバッチリと「肌色」が分かってしまいます。

夫が入浴している際に外から確認してみたのですが・・『あ、これはダメだ』と思いました。(笑)

  • 外から見た時明らかに入浴中だと認識できる(シャワーの音やせっけんの匂いも含めて)
  • くっきりとした肌色の人影が見える

こんな感じなので、正直リラックスできないです。

そして実は今、お風呂場の電気をつけずに入っています。(笑)入浴時は洗面所の照明のみ点灯させて、浴室は真っ暗の状態です。(笑)

対策を考える

対策としては、浴室用のブラインドを取り付けようかなと考えています。

デメリット

・手入れや掃除が大変

メリット

・日中はブラインドを上げておけるので明かりを入れられる
・入浴時はしっかり目隠しできる

できれば浴室にカーテンやブラインドをつけるのは避けたかったのですが、この方法がベストかなと考えました。

個人的には、日中でもお風呂場を明るくしておきたいという気持ちがありまして。ブラインドだったら上げ下げできて調整できるので、良いかなと思っています。

しかも突っ張りタイプのブラインドがあるようで、取り外しも簡単。それであれば掃除もしやすそうです。

浴室窓はどうすべきだった?

浴室の窓は高所用横すべり出し窓にしたかったです。(横長のすべり出し窓を高い位置に設置したかった)

そもそも設計上可能だったのかは分かりませんが・・聞いておけば良かったなぁ・・。

「もし視線などが気になる際は、植栽で目隠しするという方法もありますよ」とアドバイスも頂いたので「そうしよう!」と思っていたんですよね。

でも・・木を植えられるスペース、無かったー!(笑)

しかも未だ外構手つかずという。(笑)

おわり

思うがままに書きなぐってしまいまして、文章がまとまっておらずすみません。

個人的には今のところ「窓」に関する後悔が一番多いです。

寝室の窓とか、滑り出し窓のハンドル問題とか・・

まぁ、後悔してもどうにもならないので、まずは浴室と洗面所にブラインドを取り付けようかと思います。

では!読んでいただきありがとうございました。

更新:アルミブラインドを取り付けました

浴室窓の目隠し問題!アルミブラインドを取り付けてみたら良い感じ
こんにちは、がねです!我が家の浴室は型ガラスの横滑り出し窓なんですが、夜間に照明を点けると人影が透けてみえてしまいます。過去記事→(浴室窓と洗面所窓の悩み。型ガラスは人影が透けて見える問題)入居してから1年4ヶ月、浴室の電...
内装・設備関係のこと 家づくりのこと 後悔ポイント
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 住まいブログへ
\記事をシェアする/
私が書きました
がね

年収300万でマイホーム購入。2019年12月に20坪2LDKの小さな平屋が完成。30代夫婦と保護犬1匹保護猫2匹暮らし。ズボラで面倒くさがりで家事が苦手。おしゃれなモノを買えないから隠す収納にしている。丁寧な暮らしに憧れはあるもののガサツを隠し切れないマイホーム。必要最低限のモノで暮らしつつ生活をコンパクトしたい。少しでも皆さんの家づくりのお役に立てれば嬉しいです。

20坪の平屋でコンパクトな暮らし
タイトルとURLをコピーしました