マイホーム完成!楽しさよりもストレスの方が大きかった家づくり

家づくりのこと

こんにちは。がねです!

2019年末、マイホームが完成しまして、新居に住み始めて1ヶ月ちょっとが経ちます。

がね
がね

うほー!やっと夢に見たマイホーム生活!最高~!

とはいかず、まぁ我が家らしいと言いますか・・落ち着いた日々を送るにはまだあと1ヶ月ぐらいかかりそうです。またおいおい書いていきます。(笑)

さて、さかのぼること・・・何ヶ月前だ?

2019年6月、ひょんなことから土地探しがスタート。それからとんとん拍子で進みまして、約7ヶ月後・・あっという間に小さな小さな平屋が建ちました。

この7ヶ月間、周りからはよくこんなことを言われました。

「家づくりはワクワクして楽しいでしょ!」

がね
がね

いや、正直・・2019年、ストレスの年でした。(笑)

皆さんはどうでしょうか?

最初から最後まで「楽しい家づくり」で終わる方もいる一方で、引き渡し直前までトラブルが発生して「ストレスフルな家づくり」になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そうです、我が家は後者でした。(笑)

楽しさよりもストレスの方が大きかった家づくり

ストレスを感じる根本的な原因を考えてみた時、頭に浮かんでくるのはやっぱり「お金」です。

家づくりでは大きな大きなお金が動いています。

だから「後悔をしたくない!」「失敗もしたくない!」という気持ちが働きます。

そうなるとどうなるか・・?

工務店や業者さんに対して疑心暗鬼になる!(笑)

例えば・・

  • この費用は高すぎるんじゃないか?
  • この施工部分はこれで問題ないのか?
  • しばらく連絡が無いけど、今どういう状況なのか?

というように、心の中は常に「不安」と「苛立ち」でいっぱいになるのです。工務店側との認識のズレや説明不足が続くと、どうしても小さな不満が少しずつ積み重なっていくんですよね。

そういう不安や不満の背景には「大きなお金が動いている」ということがあって、最初から最後までものすごく神経質になってしまっていました。

がね
がね

だから正直私は心から「楽しい!」と感じたことは無かったです。まぁこれは私の心配性というたちも関係しているのですが。(笑)

家づくりで学んだこともある

で、今回最も感じたことがあります。

報!連!相!

これ、大切ですね。(笑)

というのも、私たち夫婦は面倒くさがり屋で、なおかつちょっぴりシャイ(いい年こいて)。そんな性分のせいで(?)工務店サイドとの報連相を怠ってしまうことが多々ありました。

たとえ疑問や不安があっても「まぁ大丈夫か!今度会った時に伝えよう!」と、連絡すること避けてしまうわけです。

『営業さんもきっと分かってるよね?普通大丈夫だよね?』という感覚で考えてしまい・・その結果、毎回ゴタつくんですよね。(笑)

例えば、こんなことがありました。

報連相の大切さ

完成1ヶ月前・・営業さんからこう連絡がありました。

引き渡し日は〇〇日に決定しました。

通常であればここで疑問が湧くはずです。

  • 引き渡し式は何時からなんだろう?
  • どのくらいの時間がかかるんだろう?

日にちだけ伝えられても困るので、詳細に関して折り返し確認をするものですよね?

ですが私たちはシャイなのです。(笑)疑問は湧くものの、いつも「承知しました」で完結してしまうんですよね。(笑)

そして私たちは引き渡し日に引っ越しをしようと考えていました。

がね
がね

引き渡しは午前中にしてもらえるだろうから、その日の午後に引っ越しをしよう!

と、確認もせず勝手に決めてしまったのです。

「営業さんには週末の打ち合わせの時に伝えておけばいいか~」と判断し、私たちは13時~14時スタートの便で引越し業者の手配をしました。

すると後日営業さんから連絡が・・

その日の午前中は他の上棟式があるため、引き渡しは15時からになります。

顔!面!蒼!白!

やっぱりね、やっちまったな。(笑)なんとなくそうなるような気はしていたんです。(笑)

『これまで現場打合せの時は大体10時頃スタートだったし、引き渡しもそれくらいの時間帯になるだろう』と根拠もなくそう思い込んでいたのです。

結局、まぁ若干のごたごたはありつつ(笑)、引っ越しは予定通り13時スタートとなりました。その後15時から荷物がある状態で引き渡し式をしていただくことに・・。

コミュニケーションをとることの大切さ

このように、営業さんとのコミュニケーション不足報連相の怠りによって発生した問題は非常に多かったです。

私たちに降りかかるトラブルの要因の大半は、自分たちの問題で発生しているな・・と改めて実感しました。

ということで、今回は色々と客観視出来たことも多く、今後に生かしていかなければならないですね。

  • 疑問や不安が湧いたら臆せず質問する
  • 積極的にコミュニケーションをとる
  • ちょっとしたことでも確認、連絡を入れる
  • 「相手も分かっているだろう」で済ませない

以上、家づくりで学んだことでした。(笑)

おわり

7ヶ月間、色々ありました。数字で見るととても短く感じますが、長かった。(笑)

予定通り進まないことへのストレス・・。LINEでの意思疎通の難しさ・・。認識のズレによって生じるトラブル・・。

でもその分、感謝や感動もひとしおですね。まぁ、これからどうなるか分かりませんが(笑)

5年後、10年後、20年後も愛着を持って、我が家を大切にしていきたいですね。

関連記事
家づくりのこと 家づくりへの考え方
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 住まいブログへ
\記事をシェアする/
私が書きました
がね

年収300万でマイホーム購入。2019年12月に20坪2LDKの小さな平屋が完成。30代夫婦と保護犬1匹保護猫2匹暮らし。ズボラで面倒くさがりで家事が苦手。おしゃれなモノを買えないから隠す収納にしている。丁寧な暮らしに憧れはあるもののガサツを隠し切れないマイホーム。必要最低限のモノで暮らしつつ生活をコンパクトしたい。少しでも皆さんの家づくりのお役に立てれば嬉しいです。

20坪の平屋でコンパクトな暮らし
タイトルとURLをコピーしました